祝5周年。深く深く感謝です。


5月1日を持ちまして、絵本カフェcoccoloは、お陰様で5周年を迎える事が出来ました。
当日、特別何かする事は出来ませんでしたが、日頃の感謝の気持ちを込めてクッキーをプレゼントさせて頂きました。


20150512102607574.jpg

写真のお花はお客様から頂いたプレゼントです♪
少しでも感謝の気持ちをお返し出来たらと思ってたんですけど、お客様から「おめでとう」とお祝いの言葉や、「いつも美味しいご飯をありがとうございます」と嬉しいお言葉を頂いたりで、お礼を返す所か、GW期間中は沢山の温かい気持ちを頂いて元気付けられました。
本当にありがとうございます!

そして、GWや元旦等、忙しくなりそうな時は待機していて手伝ってくれる母に深く感謝です。
毎回まわすのに必死で余裕がなくなると、ピリピリしちゃってごめんね。
迷惑ばかり掛けてごめんね。本当に助けられてます。ありがとう。

5年と言う月日はあっという間で、普段自覚はないけれど、振り返ってみるとちゃんと一歩ずつ足跡は刻まれてるんだなぁって感じます。
飲食業の経験も知識も何も無いまま飛び込んだから、初めは接客も料理も失敗が多くてオタオタしてたのにね。
今も試行錯誤しながらで迷う事もありますが、腰を据えて昔の事を振り返ると、色々思い出して感慨深いです。(笑)

今だから正直に話せますが、coccoloは1年を迎える前に閉店する予定でした。
始めた当初は誰も人が来なくて、毎日プレッシャーに押しつぶされそうで胃が痛くて、“絵本”と言うだけで差別的な目を向けられたり、日に日に自分にもお店にも自信が無くなっていきました。
それでも、ほんの一握りの楽しんでくれているお客様を歓びとして、胸に秘めて歩いてました。

そして、私にとってのターニングポイント。2011年3月11日、東日本大震災がありました。
あの時は、お客様が全員無事だった事に安堵し、家族や友人が無事だった事に心の底からホッとしました。
そして、グシャグシャになったお店を片付けながら「もうすぐ1年なのに・・・嗚呼、ダメかも知れない。辞めるしかないかなぁ」と、目の前が暗くなりました。

元々知られてないお店で誰も来ないお店だから、潰れるのが目に見える。
ズルズル引きずってどうする。悪あがきしても報われないなら、いっそ幕引きは潔く。

なんて考えながら、「でも、辞めたくない!」と未練がましく葛藤して、お店を再開出来るように調えて。
ドキドキしながらお店を再スタートして・・・そうしたら、常連のお客様がお友達を連れて遊びに来てくれました。
そして、また一人また一人お客様が家族や友人を連れて、お一人でも元気な笑顔を見せてくれて、「続けてくれて良かった」「待ち遠しかったです」「待ってました」と温かい声をくれました。涙がボロボロ溢れました。
あの時、あの声がなければ、お店を続ける事が出来ませんでした。
救ってくれてありがとう。支えてくれて、本当にありがとう。

coccoloをオープン出来て本当に良かったっと思ってます。

この仕事をしていなかったら、お金の1円の重さを考えた事もなかったと思います。
「ご馳走様」や「ありがとう」って言葉の大切さに気付かなかったし、その言葉を頂ける喜びも深く感じる事はなかったと思います。
やらなかったら、気付けなかった事だらけです。

伝えたい事は本当は山のようにあるのに、言葉にして伝え切れないのがもどかしいです。
本来なら、こういう事は話さない方が良いのかも知れません。
でも、5年目を迎えられた今だから、胸にしまっておくよりも改めてちゃんと感謝したくてお話ししました。

本当に皆々様のお陰です。ありがとうございます。

勿論仕事だから楽しい事ばかりではないし、まだまだ自分自身も人間として未熟なので反省したり、落ち込んだり、色んな事があるけれど、辛さよりも言葉に出来ない幸福感と得る物が遙かに大きいです。
“捨てる神有れば拾う神あり”本当に周りの方々に救われていると思います。

御存知の方は知っての通り、恥ずかしながら未だに認知度の低くて閑古鳥が鳴いてる時もままあるし、近所の方にも「いつからあるの?」なんて聞かれてしまうくらい、ヒッソリお店をやってます。
でも、少しずつ広まるようにと祈りながら、いつかは芽が出ると信じて、諦めずに歩む日々です。

気持ちが揺れる事もあるけれど、どんなに辛くても悔しくても「辞めたい」と思った事は一度もないです。
だって、馬鹿にされても、曇った顔で入ってきたお客様が最後に笑顔で帰ってくれたら、飛び跳ねたくなるくらい嬉しいから。
「私のお気に入りのお店」なんて紹介して頂いてる声が聞こえると、照れ臭いけれど、とっても幸せで誇らしい気持ちになるから。

鳥が羽を休めるように、誰かの止まり木になれたら良いなって思います。
肩の力がホッと抜けるお店にしたいです。
やりながら後悔はしたくないし、諦めたくないから、これからもジャブジャブ泥臭く悪あがきしようと思ってます。

以上!久しぶりに思ってる事をブログに書いたら、ついつい話が長くなってしまいました。
上手くまとめられず、長々と失礼しました。最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

今後とも、どうぞ絵本カフェcoccoloを宜しくお願いします!

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

絵本カフェ coccolo

Author:絵本カフェ coccolo
茨城県笠間市にある、絵本が読める手作りカフェ「coccolo」のブログです。
絵本は懐かしい物から新しい物まで幅広く、900冊以上あります。
忙しい時間を忘れて、ちょっとまったりしませんか?

*所在地*
絵本カフェ coccolo(コッコロ)
〒309-1611
茨城県笠間市笠間1548-2
TEL・FAX: 0296-72-7731
E-mail: cafe.coccolo@live.jp
Twitter:@Cafecoccolo
営業時間: 11:00~18:30
     (L.O 18:00)
定休日: 月曜・火曜

ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR